フロナロ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
自分に取り込む

中途半端な気温で着るものに困るけど、今の季節が一番好きです。長く続かないとわかっていても。
ぼんやりお風呂で考えてたら、何となく静止した形はできてきたので、資料を眺めながら基盤を固めたいと思います。それにしても、前回がものすごく辛かったから、今回はあんまり辛くない。まあ、固める段階になったら、辛いかもしれないけど。

読書量が落ちに落ちて仕様がないのですが、やっと本を読み終わりました。そもそも、元気のいい移動時間しか読まないのですよ。寝てる時とぼーっとしてる時を除くと、微々たるもの。

『飼い喰い』を読んでました。冬〜春にかけて『絶対貧困』というのを読んでいて、「遺跡」(春書いてた小説)でバタバタしてる間に交代したので、そっちの感想も書いてないけど、まあいいや。
以前、『世界屠畜紀行』という本を読んだのですが、その筆者の作品。『世界〜』で自ら屠畜して食したいということを仰ってて、おお、それを実行したのか、と読み始めました。
とても楽しく読むことができました。最後の方の屠畜→食べる会の辺りで肉の説明をされると、途端にお腹が減る不思議。どこまでが生きている豚で、どこから食する肉として認識してるのかしら。私は犬を飼っていて、たまに、おいしそうな腿だな……と犬の脚を見ることはあるけど、それとはきっと、どこか違うのだろうと思いました。食べることを目的として飼うのは、私の抱いたことのない感覚があるのだろうと。
飼う描写とともに、養豚をされている方々の様子や現状も書かれていて、やはりそこには知らない世界があるのだろうと改めて思いました。肉が食べられるというのは、そういう方々の大変な苦労や工夫のもと、当たり前にあるもんなんだなあ、と実感。おにくおいしい。

そんなわけで、4月に友人に勧められた本をようやく買いました。文庫だ! 重くない!
ゆっくりとでも動き出そうと思います。

posted by ニシザキ | 感想 | -
映画感想もあり

脚本書いたり、小説の続きを考えたり、別の創作をしてたり、その他いろいろ予定があって、パーンして、二日くらいダウンしてました。昨日、お出掛けして元気もらった。また吸い取られないように気を付けないと。

今日は借りてたDVDを観ました。「オーケストラ!」。映画館でやってる時からずっと見たくて、念願かなった。
フランスの話だとばかり思ってたら、最初の方はロシア語でまくし立ててて「!?」ってなりましたが(後でフランスにも行く)、すごく面白かったです。違う文化圏の話なので、少し取っつきにくいところもあり、でもそれが味になっていて、とても良かった。日本って島国だなあ〜と改めて思いました。宗教も思想も言語も、陸続きで互いに干渉しあうヨーロッパならではだなあと。新鮮でもあり、歴史の根の部分まで知らないので理解していないところも、きっとあると思う。
謎解きというか、話のネタバレを予想しながら観ていたのですが、それが悉く外れた(笑)。最後のコンサートシーンは、間にいろいろ挟まってて、ちょっと切なくもあり、オケの演奏が綺麗で、そちらも聞き惚れてました。
総合して:可愛い&かっこいいオジさんだらけ……っ!(今更)
いや、それを除いても、いい映画でしたよ。

あの翻訳された日本語の語感もいいんだよね。文庫で買った古典劇とかはちょっと格調高い言葉遣いで憧れるのですが、なかなかそういう風に書けないんだなあ……っ! 難しい……っ!!

あと二週間くらいは、8月のイベントのためにあくせく創作します。
まだまだ長いスパンで予定があるので、またパーンしないようにしないと。

posted by ニシザキ | 感想 | -
命をもらって生きる動物

脚本難しいよぉ〜、という日記は、また書くとして。
今日、本を一冊読み終わりました。「世界屠畜紀行」。
最近は読書量が落ちているせいか、なかなかのボリュームのせいか、結構長くかかりました。でも、面白かった〜!
感想は続きから。

Read more ...
posted by ニシザキ | 感想 | -
火の煌めきの元で話そうじゃないか

ペーパーを作りつつ、噂のゲームのサントラを聴いたりしています。うーん、戦場(小説BGM)によさげな素晴らしい音楽。

さて。ここ2ヶ月近く読んでいた本が、読み終わりました。
「最近のラノベに疎くてさあ……」と話したら、友達が紹介してくれた小説。「煌夜祭」。
読み終わって一言。……ラノベ?
最近の私ときたら、エッセイばかり読んでいて、本格的なファンタジー小説に触れていなかったから、読み終わるのに時間がかかってしまいました。とても、とても素晴らしい小説でした。自分の執筆中に、心がバッキバキに折れるほど。でも面白いから、読んでしまう。虜です。
どの話が好き?と言われると、非常に困ります。中盤〜最後までの核心に触れた話も好きなんですけど、私は『ニセカワセミ』で心をグッと掴まれたので、一番最初の話が好きかな。あと『賢いリィナ』で感心しっぱなしで、もう敵わねえ……とそこで諦めました。諦めたら……そこで試合終了ですよ……安西先生、しかし、巧すぎます……っ!
何が言いたいかというと、超オススメです。もう知ってるよ、って方も多くいらっしゃると思いますが。
これを薦めてくれた友人の目は本当に優れていると思います。

これと一緒に薦めてくれた別の小説も、読んでみたいなと思います。インプット!

posted by ニシザキ | 感想 | -
謡うように祈る

ずっと読んでいた本が、読み終わりました。
『ペリペティアの福音』(上・中・下)です。
5月上旬から読み始めたから、3ヶ月くらいかかったでしょうか。比較的元気な時の、移動時間、待ち時間、休憩中、少しずつ読んでいました。ちまちまとしか読まないのにちゃんと最後まで読めたのは、この小説が本当に面白かったからだと思います。
少し長くなるので、感想は続きから。

Read more ...
posted by ニシザキ | 感想 | -
Infomation
創作の進行状況を報告して、自分の尻を叩こう日記。
ただいま、次の作品に向けて休養しつつ、いろいろ作ってたり。
カテゴリー名は作品の呼び名でつけてます。わかりづらくてすみません。
Entries
Categories
Archives
Bookmarks
Recommend
Others